×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

30代 転職

30代、40代の転職

30代、40代で転職を検討するなら転職先が20代の頃と比べて圧倒的に少なくなる事を覚悟しましょう。30代、40代はある程度のことは出来て当たり前です、企業も高いスキルを要求するのも当然ですから。

実際問題、30代後半から40代で給与アップを目指せるサラリーマンは10%程度らしいです。この層の方は、仮に会社がなくなっても、ヘッドハンティング等引く手あまたの人とも言えるでしょう。

そうでないサラリーマン、中高年の再就職は年齢との戦いでしょう。現状維持や年収ダウンを覚悟すれば就職先が見つかる事もあるかも知れませんが、年収アップは、30代前半程度のように若さとポテンシャルを武器にできない以上、厳しいでしょう。

では40歳位の方が転職しはる場合、どんな事をポイントとすべきでしょうか?

40歳を超えている方の場合、部下を指導した経験を持っていて当然と考えます。となるとマネジメント能力は必須です。ですがマネジメント能力だけでは決定打になりません。専門的なスキルが求められます。

専門スキルが転職先で必要と捉えられると、転職の可能性は十分あるでしょう。今のIT化、企業概念の変化といった、時流の変化を認識しましょう。30代の方はまだしも、40代の方は固定概念、過去の成功に捉われるケースが多くそれが逆に足を引っ張るケースが多いらしいですよ。
フリーターが一人暮らしすると

 

サイトマップ